オラクルカード占いの歴史やタロットカードとの違い・リーディング方法

  • HOME
  • オラクルカード占いの歴史やタロットカードとの違い・リーディング方法
オラクルカード占いの歴史とリーディング方法

誰かに聞いて欲しいお悩みはありませんか?
自分の行動次第で未来は明るくなります。こちらでは、カウンセリングや占いで人気のオラクルカードの歴史についてご紹介いたします。オラクルカードとタロットカードの違いやリーディング方法にご興味をお持ちの方は、ぜひご覧ください。

オンラインで予約・鑑定できるオラクルカードをもっと詳しく

気持ちが沈んだり、心がモヤモヤしたり、時には何もかもが上手くいかないと落ち込んでしまうこともあるでしょう。オラクルカードは神からのメッセージを受け取ることができ、問題解決のための気づきを与えてくれます。

こちらでは、オラクルカードの歴史とタロットカードとの違いについてご紹介いたします。オンライン鑑定をご希望の方は、ぜひご覧ください。

誕生から発展までの歴史

HISTORYのブロック

近年、占いやカウンセリングの場で利用されることが増えたオラクルカードですが、その歴史はそう古いものではありません。

1970年代

現在販売されている最も古いオラクルカードは、1970年代に出版された「Secret Dakini Oracle」です。著者は西洋人ですが、モチーフは東洋の神々であり、ヒンドゥー教由来の女神が取り上げられています。また絵柄には、魔女や鬼女の他、密教の要素が含まれ、今のように柔らかい印象とは異なるものでした。

1980年代~1990年代前半

その後も1980年代から1990年代にかけて、様々なオラクルカードが出版されましたが、西洋以外の異文化モチーフを強く感じるものが多いです。

ケルト神話をモチーフとする「The Celtic Tree Oracle」、古代エジプトの神々や知識をモチーフにした「The Book of Doors Divination Deck」、マヤの文字をモチーフにした「The Mayan Oracle」などがあります。この頃のオラクルカードは、現在のように「神からのメッセージを受け取る」ものではなく、文化や知識を学ぶものが中心でした。

1990年代後半~現在

1990年代後半になると、現在のスタイルに近いオラクルカードが出版され始めました。オラクルカードの代名詞ともいえるドリーン博士の「Healing With The Angels Oracle Cards」は、1999年のものです。

現在では、エンジェルの他、妖精や日本古来の神などをモチーフにしたオラクルカードが、200種類以上も販売されています。

オラクルカードリーダー山本千春では、オラクルカードリーディングをオンラインで行っております。カードを介して得られる客観的でポジティブなアドバイスが「気づき」となり、前向きになるきっかけになります。

話を聞いて欲しい、重荷に感じていることがある、行動を起こすきっかけが欲しいなど、誰かに相談したいと思ったら、オラクルカードリーダー山本千春までお気軽にお問い合わせください。

タロットカードとの違い

タロットカード

人生相談や占いといえば、オラクルカードよりもタロットカードを想像される方が多いのではないでしょうか?オラクルカード、タロットカードともに占いや相談に利用されるため混同されがちですが、同じものではありません。

起源の違い

オラクルカードの誕生は1970年代ですが、タロットカードの歴史は古く、エジプト、インド、中国、ペルシアなどの古代文明では存在していたともいわれています。現在、学術的に存在が証明されている一番古いタロットカードは、15世紀のイタリアのものです。

内容の違い

タロットカードは主に占いに利用されます。現在・過去・未来の他、人間関係など、具体的な内容を占うため、厳しい結果が出ることも珍しくありません。

オラクルカードは、相談事に関する神からのメッセージを受けるものです。そのため、「占い」よりもメッセージを「リーディング」すると表現されることが多いです。

オラクルカードでは、タロットカード占いのようにはっきりした答えや厳しい内容はなく、優しいアドバイスが受けられます。

カードの構成が自由

タロットカードは、78枚一組のものが一般的です。その中でも認知度が高いのは、大アルカナと呼ばれる22枚で、愚者、魔術師、女教皇、皇帝、恋人や、悪魔や死神、月、太陽などの寓意画が描かれています。小アルカナには、棒・金貨・剣・聖杯と数字が組み合わされた56枚からなります。

オラクルカードには、決まった構成はありません。カードの数も様々ですが、40~45枚ほどのものが多いです。オラクルカードはメッセージを受け取るためのものなので、宗教や信仰によって神や大きな力の存在が異なります。そのため、カードの枚数や構成、内容も自由です。

リーディング方法

オラクルカードでは、カードの絵柄を見ることでメッセージを読み解くことが多いです。しかし、初心者にはなかなか難しいと感じることもあるでしょう。こちらでは、オラクルカードで占う際のリーディング方法についてご紹介いたします。占いや相談を希望される方は、ぜひ参考になさってください。

カードの引き方

カードをシャッフルしている様子

オラクルカードでの占いには、様々な方法がありますが、こちらでは一般的なものをご紹介いたします。

占いや質問の内容を決める

まずは、呼吸を整えリラックスします。次に、占いたいことや質問を1つ決めましょう。

カードをシャッフルする

カードをシャッフルする方法や回数は自由です。

  • オラクルカードをトランプのように切って混ぜる
    同じ動きを繰り返すので集中しやすいです。カードを切りながら、聞きたいことを唱えましょう。
  • テーブルの上で混ぜる
    オラクルカードが大きい場合におすすめの方法です。テーブルの上に布を敷き、その上にオラクルカードを置いて両手で混ぜます。右回り、左回り、思うままに混ぜましょう。大事なことはカードに集中することです。
カードを引こう

オラクルカードでは、カードの選び方も自由です。一つにまとめた山から引く、扇状に並べて引くなど、直感を信じて選びましょう。その際、利き手ではない方で選ぶ方が潜在意識と繋がっていると考えられています。

選ぶ枚数

選ぶ枚数は自由ですが、

  • 1枚引きは、シンプルなメッセージが欲しいとき
  • 2枚引きは、YESもしくはNO、AもしくはBなど、どちらか選択するとき
  • 3枚引きは、現在、過去、未来などを知りたいとき

などに使い分けられます。

質問や望みはできるだけ明確に

オラクルカードに質問する際は、漠然としたものではなく、できるだけ具体的なものにしましょう。
「幸せになれますか?」「結婚できますか?」などよりも、「幸せな人生を送るにはどうしたらいいですか?」「結婚するためには、どんな行動が必要ですか?」と質問する方が的中率も上がります。

オラクルカードでメッセージを受け取るには、先入観を捨て直感を信じることです。そのため、自分自身で占うよりも、プロに依頼し客観的な答えを知ることをおすすめします。

カードを読み解くコツ

電球のイラストを指さしている様子

オラクルカードによるメッセージは、読み解き方にコツがあります。カードの説明書を読むこともありますが、言葉には限界があるため直感を大切にしましょう。

オラクルカードからのメッセージを受けるには、以下の4点に注目します。

透視力(クレアボイアンス)

透視力とは、見る力です。オラクルカードを通し、心や頭に浮かぶビジョンを意識します。また、描かれているものの表情やジェスチャー、顔や手の向きなど、これらが動いたとしたらどのように感じるかも想像しましょう。

透聴力(クレアオーディエンス)

透聴力とは、聴く力です。オラクルカードから実際に音が出るわけではありませんが、心の耳で聴くとどうでしょうか?絵柄によっては、笑い声、水の流れる音、天使のささやきが感じられるかもしれません。これらの音は自分にとってどのような意味があるのか意識しましょう。

超感覚(クレアセンシェンス)

超感覚は、感じる力です。オラクルカードを見て、直感的にどんなことを感じますか?温かい気持ち、柔らかい心、明るい気分、前向きな元気など、理屈抜きの感情を捉えましょう。

透知力(クレアコグニザンス)

透知力は、知る力、分かる力です。これは経験によるものではなく、初めてのことなのに先の流れが読め、オラクルカードを見ただけで、伝えたいことがわかります。

オラクルカードリーディングはプロに依頼しよう

オラクルカードは直感的に判断することが大切ですが、客観的に見ることができないと自分の都合がよい方に読み間違う危険もあります。先入観や深読みを避け、フラットな気持ちでメッセージを受け取るためには、プロに鑑定を依頼する方がよいでしょう。

オラクルカードリーダー山本千春では、占いだけでなく、結果をもとに具体的な行動プランについてもアドバイスいたします。お悩みをお持ちの方は、WEB予約よりお問い合わせください。

オンラインの人生相談はオラクルカードリーダー山本千春へ

オラクルカードにはタロットカードのような決まりはなく、枚数や構成も自由です。メッセージを受け取るには客観性と直観が必要になるため、プロによるリーディングをおすすめします。

人生相談はオラクルカードリーダー山本千春にお任せください。心を軽く前向きにするためのアドバイスをいたします。

オラクルカード占いで心を軽く前向きにしたい方は、ぜひオラクルカードリーダー山本千春へ

会社名 オルゴナイトセラピスト山本千春
代表者名 山本 千春
住所 〒535-0013 大阪府大阪市旭区森小路1丁目3-2
TEL 080-3786-3196
URL https://www.orgonite-chiharu.com/
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休
事業内容 オラクルカードリーディング

お問い合わせ

不安なことで悩んでいたり、オルゴナイトに興味などがございましたら、
オルゴナイトセラピスト山本千春へご相談ください。

お問い合わせ